アスリードのインフラ基盤設計・構築

インフラ基盤設計・構築

アスリードのセールスポイント

インフラ構築の中心的なアーキテクチャがオープンシステムに移行したことにより、 インフラ設計、構築の重要性はますます大きくなっています。

しかし、インフラ設計時に選定するソフトウェアやハードウェア、ネットワークは 多くの選択肢があり、これらインフラ基盤の適切な組み合わせ行い目的を 達成させることは容易ではありません。

アスリードでは異なるOSやベンダー、キャリアーによるシステムの利点を生かした、 企画・設計・構築を、「性能」・「信頼性」・「セキュリティ」・「運用」・「コスト」・「移行」・ 「将来性」をポイントにご提案、ご提供致します。

インフラ基盤設計・構築の導入実績

アスリードでは数多くのインフラ基盤設計・構築実績があります。学校法人や官公庁を 中心に、上場企業、中小企業、個人事業などがあり、業種もサービス業、建設業、 飲食業、介護、など、規模と用途に応じた設計・構築の実績を有しています。

インフラ基盤設計・構築のステップ

インフラについては企業やプロジェクトによって指す意味が異なる場合があり、 OSやハードウェア、ソフトウェア、ネットワークを指すこともあればアプリケーションの 環境やフレームワーク、システムを実現するための仕組みやセキュリティ対策などを 指す場合もあります。

ここではアスリードのインフラ基盤設計・構築について順を追ってご説明致します。

1.要件定義

アスリードのインフラ基盤設計・構築ではOSやハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、 ストレージ、ミドルウェアなどから構成される基盤を指し、性能や信頼性、セキュリティなど、 お客様の要件を実現するためのインフラ要件を定義致します。

2.方式設計

要件を達成するために、システム全体を俯瞰し、どのような組み合わせが最適なのか 検討します。OSやハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど全体のアーキテクチャを 設計致します。

3.運用設計

システム全体のオンライン/バッチ処理にかかる稼働時間を考慮し、ジョブの実行方式、 障害監視、システムバックアップ/リリース方式を検討し、実際の運用フローに当てはめた 運用設計を致します。

4.運用基盤の設計・構築

運用設計で検討した結果を元に、それらを実現するツールを選定し、運用基盤全体の 設計・構築を実施致します。

5.基盤テスト

ここでは、本番環境や運用基盤などインフラ全体のテストを検討、計画・実施致します。

正常時の動作や障害時のフェールオーバ確認、人的要因による運用フローの確認を実施致します。

6.性能テスト

文字通り、アプリケーションやデータを用いて、本番環境で性能要件を満たすことが 可能であるかどうかの性能テストを実施します。性能要件を満たす結果にならない場合 原因調査やチューニングをなどを実施します。アプリケーションも含めたシステム全体を 見渡す力が必要な大変重要なステップになります。

7.本番切替

通常、本番切り替えは限られた時間で実施することになり、作業体制や時間内に切り替えが 出来ない場合の切り戻し手順を検討し実施致します。

また、大規模なシステムで外部の業者に依存しているシステムが存在する場合、業者との連携も考慮し実施致します。


アスリードへのお問合せ

利用規約について個人情報の取り扱いについて